2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Memories 4 大山阿夫利神社 | トップページ | Memories 6 みそ漬けマット 1 »

2008年10月 9日 (木)

Memories 5 「味百味」・・醗酵か抽出か

味噌だけではいずれ行き詰まる。洋食との接点を探りたい、そんな感じで開発したのが「味百味(アジヒャクミ)」でした。スパゲティーソース(多少みそ味がする)をイメージして作りましたが実際には業務用としてレストランなどの料理の調味料か隠し味に,まれに冷奴のタレに使われています。開発したのは昭和56年、当時は売れなくて 売れなくて泣きましたが毎日のようにスパゲッティー屋さんを歩きました。そんなある日長野県のファミレスチェーンTから注文が入りました。喜びいさんで長野市に飛びそこの料理長のMさんに会いました。「私は長くヨーロッパで料理の修業をしてきました。本格的なフランス料理、イタリア料理を作っても日本人にはイマイチうけない。そこで醤油か味噌,味醂を少し使うと売れるようになる。西洋の味は骨や野菜を煮た抽出物が主体です。日本の味は味醂、味噌、醤油、鰹節全て醗酵製品です。私はこのごろやっとそのことに気が付きました。「味百味」は醗酵によって作られた素晴らしい調味料です」と言われて天にも昇るような思いPhoto でした。

« Memories 4 大山阿夫利神社 | トップページ | Memories 6 みそ漬けマット 1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/42731561

この記事へのトラックバック一覧です: Memories 5 「味百味」・・醗酵か抽出か:

« Memories 4 大山阿夫利神社 | トップページ | Memories 6 みそ漬けマット 1 »