2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Memories 21 ビタミン入り神州一味噌2 | トップページ | Memories 23 狩野川台風 »

2008年12月 2日 (火)

Memories 22 ビタミン入り神州一味噌 3

計り売りから袋詰めに移行するのは昭和20年後半から30年前半にかけてです。味噌をPhoto ポリエチレンの袋に詰めて(まだポリセロはありません)弁当箱のような紙の箱に入れて写真のような包装紙で包んで出した時代がありました。間もなくポリエチレンとセロファンをラミネートした 水分も酸素も通さない包装材料ポリセロが誕生します。新しい包装材料はシール強度、酸素透過性、印刷, 充填と多くの問題がありました。また売り方も買い方も大きく変わりました。それまでは酒屋さんの店頭でお店のご主人や店員さんの勧めたものを買うという売り手が主役の対面販売からスーパーの店頭で自分の好きな品物を選ぶ消費者主役の販売に変わりました。そうなると商品の知名度、デザインが売れ行きに大きく影響します。時あたかも電波が広告媒体として登場しました。宣伝の媒体も印刷から電波へ変わってきました。お味噌の宣伝も考えなければなりません

« Memories 21 ビタミン入り神州一味噌2 | トップページ | Memories 23 狩野川台風 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/43294884

この記事へのトラックバック一覧です: Memories 22 ビタミン入り神州一味噌 3:

« Memories 21 ビタミン入り神州一味噌2 | トップページ | Memories 23 狩野川台風 »