2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Memories 25 神州一味噌 5 | トップページ | Memories 27 神州一味噌 7 »

2008年12月 7日 (日)

Memories 26 神州一味噌 6

昭和36年2月銀座7丁目の外堀通りに面した旧電通の前の喫茶店で永さんに会いました。私は33歳,永さんは28歳無名の青年です。初対面の印象は生意気そうな感じでした。作詞の相談をした後ですが、作曲の段階になって,永さんとの話で覚えているのは「ネー宮坂さん 味噌やさんのコマーシャルですから ドレミファの ミ と ソ だけで作曲してもらったらどうですか」ととんでもないことを言い出したので「ミとソだけで作曲するというのは面白い発想ですがそんなのが分かるのは作曲者だけでしょう 聞く人は誰も分かりません」と反対して結局専門家の宇野誠一郎さんに作ってもらうことになりました。2

写真の工場が出来たのは昭和38年頃です

« Memories 25 神州一味噌 5 | トップページ | Memories 27 神州一味噌 7 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/43342853

この記事へのトラックバック一覧です: Memories 26 神州一味噌 6:

« Memories 25 神州一味噌 5 | トップページ | Memories 27 神州一味噌 7 »