2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Memories 32 理化学研究所ー1 | トップページ | Memories 34 理化学研究所ー3「DNA] »

2010年2月26日 (金)

Memories 33 理化学研究所-2

現在埼玉県和光市にある理化学研究所は昔は本郷の上富士前町にありました。六義園の近くで山手線の巣鴨駅と駒込駅から等位置です。研究は日本酒と同じ味の酒を合成するのが目的ですから味の研究をするグループ、アルコール蒸留を研究するグループなどがありましたが 私は液体麹の仕事をしていました。お酒造りには麹が必要ですが従来の固体麹から 液体の中で麹菌を繁殖させて酵素液を作りお米の澱粉を糖化しようとするものです。ジャーファーメンターや大型の醗酵タンクを組み立てているうちにパイプのねじ切り 接続 など配管の仕事を覚えました。もう一つの仕事は日本各地から送られてくる合成酒の審査です。何百点というお酒を並べて利き酒をします。エライ先生方の審査が終わると残った酒は我々下ッパのものになります。この酒を狙って方々の研究室からのん兵衛が寄ってきます。夜になると酒盛りです。モノはなかったが古き良き時代でPhotoした。写真は仲間と諏訪湖でスケートを楽しむ。

« Memories 32 理化学研究所ー1 | トップページ | Memories 34 理化学研究所ー3「DNA] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/47665133

この記事へのトラックバック一覧です: Memories 33 理化学研究所-2:

« Memories 32 理化学研究所ー1 | トップページ | Memories 34 理化学研究所ー3「DNA] »