2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ワイキキのメガネ | トップページ | 江戸小紋展 »

2010年10月17日 (日)

上村松園(1875~1949)

上村松園展が竹橋の東京国立近代美術館で開かれております。この人の美人画は顔立ちの中に内に秘めたものを感じさせ好きでした。我が家では代表作の「序の舞」の大きな複製を買って正月に床の間に飾ることにしてます。15日の金曜日に行ったら平日というのに長蛇の列に驚きました。圧倒的に女性です。中に入っても ゆっくり 鑑賞するという雰囲気ではありませんでした。何故こんなに人気があるのだろうと考えさせられました。帰りはスッポリシートに覆われた改装中の東京駅を見下ろす丸ビル5階のレストランで昼食をとりました。S Photo 写真は美術館入り口 「序の舞」

« ワイキキのメガネ | トップページ | 江戸小紋展 »

コメント

ご無沙汰しています。松園は宮尾登美子著「序の舞」を読んだあと随分見に行きました。すばらしいですね。今年一月は海老蔵の新春歌舞伎に細かい小紋、5月にパーテイで葵模様の訪問着で小宮さんの小紋を着ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/49763931

この記事へのトラックバック一覧です: 上村松園(1875~1949):

« ワイキキのメガネ | トップページ | 江戸小紋展 »