2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シーフードショウ | トップページ | 病気見舞い »

2012年8月11日 (土)

味覚検査

ヒョンなことから頼まれて教壇に立つようになって7年になります。生徒は管理栄養士になる人です。私の科目は「醗酵食品学」です。生徒は栄養の専門家であっても、世間の人は食べ物の専門家と思い お料理にも味についても分かる人に違いがないと考えました。そこである濃度の溶液を用意して判定してもらい この液体の濃度の順位を間違いなく指摘出来たら正確の味覚の持ち主と考えるとして判定してもらいました。その溶液の濃度は%で濃い方から砂糖水 0.9 0.7 0.5 0  食塩水 0.14 0.11 0.08 0 クエン酸 0.02 0.15 0.01 0 の夫々4点 です この程度の濃度差でしたら 私にもある程度分かりますが 生徒の判定結果は 期待以下でした。 訓練すると味覚は鋭くなりますよ 家庭に入って毎日お料理を作るようになると味覚は向上します と話してこの日の講義は終わりました。

Simg006 Img007

« シーフードショウ | トップページ | 病気見舞い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/55396480

この記事へのトラックバック一覧です: 味覚検査:

« シーフードショウ | トップページ | 病気見舞い »