2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 清陵の会 | トップページ | 第22回 げんき会  »

2013年11月 3日 (日)

科学講演会2013

理化学研究所が主催する「未踏への挑戦」という科学講演会が丸ビルの7階 大ホールで10月19日にあり 聞きに行きました。講師は3人で「新元素の探索ー現代の錬金術」「窒素分子を常温常圧で切る-より良いアンモニア合成法を目指して」「IPS細胞を用いた網膜細胞治療」でした。夫々興味深く有意義でした。ナカナカやるもんだなー と感心しました。入場は無料 私は空気中にはいくらでも窒素はあるのに また植物や生物は 当たり前に窒素をとりこんで利用しているのに なぜ 人間は高音高圧でアンモニアを合成して肥料を作っているのだろうと不思議に思っていましたから なるほど 同じことを考える人がいたわい と思いました。丸ビルはマルデ おのぼりさんの東京名所 のような所でした

Simg084 Simg085 Simg086 当日の案内

« 清陵の会 | トップページ | 第22回 げんき会  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192081/58503458

この記事へのトラックバック一覧です: 科学講演会2013:

« 清陵の会 | トップページ | 第22回 げんき会  »